小学生フケ情報

フケを予防する洗い方、子供はちゃんと洗えてる?

フケの原因は様々ですが
頭皮の洗い方を気をつけるだけでも予防になるようです。

説明文
なおみコさんによるイラストACからのイラスト

特に子供は綺麗に洗っているつもりでも
洗い残しがあったりすすぎ残しがある場合があります。


フケを防ぐための正しい洗い方についてポイントを抑えながら
ご紹介します。

フケを予防する上手な洗い方、小学生が気を付けるポイントは?

フケを予防する洗い方について調べてみました。
特に小学生が忘れがちなところなどポイントを抑えながら
まとめてみました。

■ポイント1 ブラッシング
まず、髪を洗う前にブラッシングをします。

ブラッシングは髪についているほこりやフケを落としてくれます。
また頭皮の皮脂汚れを浮かせてシャンプー時に汚れを落としやすくしてくれます。

■ポイント 2 髪を根元まで濡らす。
髪を洗い始める時に頭皮をお湯で濡らしますが
この時に髪の根元までしっかりと濡らしましょう。

この時髪の毛を軽くほぐしながら根元までしっかり濡らしして
予洗いしましょう。
予洗いで、髪についているほこりやフケ、が落ちて
シャンプーが泡立ちやすくなります。

髪の摩擦が最小限に防げて髪に与える負担も少なくなります。

■ポイント 3 シャンプーを出し過ぎない。
泡が立ちにくいのを気にしてシャンプーを出し過ぎることが
子供にはよくあります。

シャンプーを必要以上に使うと髪のダメージにも繋がります。
またすすぎの時にすすぎ残しの原因にもなりますので
適量を守って使うようにしましょう。

■ポイント 4 シャンプーをしっかり泡立てる
シャンプーを手に取ってからそのまま髪の毛につけるのではなく
一度泡立ててからシャンプーを髪につけるようにしましょう。

髪へのダメージも少なくなり汚れがからめとりやすくなります。

■ポイント 5 うなじ、耳の後ろ、 前髪の生え際を洗う
シャンプーをつけて髪を洗う時にうなじ、耳の後ろ、前髪の生え際など
洗い残すことがあります。

小学生の子供は細かいところは忘れがちですので洗えていないことがあります。br/> この部分も洗い残さないようにしましょう。

洗う時は爪をたててゴシゴシ擦るのではなく
指の腹でやさしく洗うようにしましょう。

■ポイント 6 しっかりすすぐ
シャンプーを綺麗に洗い流しましょう。
少しでも残ってしまうと頭皮トラブルの原因になり
フケを増やしてしまう事になります。

■ポイント 7 タオルでしっかり水分をふき取る
しっかりシャンプーできたらきれいに水分をふき取りましょう。

塗れている髪は刺激に弱いので力を入れすぎず優しくタオルドライしましょう。

■ポイント 8 ドライヤーでしっかり乾かす。
ドライヤーをかけないで放置すると雑菌が繁殖する原因になります。
またそのまま寝てしまうとカビが生えてしまいますので、
しっかりドライヤーで乾かしてください。

あとはブラシで整えて完了です。

洗い方を気を付けるだけでフケの予防にもつながります。

特に小学生は予洗いの時に髪の根元まで丁寧に濡らすことができなかったり
うなじや耳の後ろ、前髪の生え際などを洗う事を忘れることがあります。

洗い方のアドバイスを少ししてあげるだけで
自分でできるようになると思います。

また髪が長い子はドライヤーをかけるのも大変ですよね。

親が乾かしてあげながら洗い方についてアドバイスしてあげるのも
良いのではないでしょうか

フケのないきれいな髪になれるとよいですね。

>>フケ予防によい食べ物、悪い食べ物、子供のおかずはどんなものが良い?
>>小学生なのにフケが出るのはなぜ?対処法はフケ原因菌を抑えるシャンプーですっきり!

このページではサイト訪問者の方々が格安価格で通販や申し込みが出来るように楽天などの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるか、無料、お試し、トライアルキット、トライアルセットがあるか、ポイント、値引き、返金、返品保証、保証などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使用方法、選び方、飲み方、服用方法などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなど、人気ランキング形式などで比較していきます。ヤフオク、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、アットコスメなどからの情報についても調査していきます。